ご挨拶

Message

 皆様ご認識の通り、現在日本社会が直面している問題に人口減少があります。総人口は年間40万人減少していると

言われ、人手不足から農業や製造業等国の基幹産業が成り立たなくなるのではと心配されています。

社会インフラともいえるコンビニエンスストア等の小売業も例外ではありません。

将に日本社会のサステナビリティが問われております。

 これに対して政府は2年前「新たな外国人材の受入れ」という政策を導入致しました。この政策では「特定技能」と

いう就業ビザを新設するとともに、「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策」が定められ、「外国人を適正に

受け入れ,共生社会の実現を図ることにより,日本人と外国人が安心して安全に暮らせる社会の実現」を目指すことと

なりました。

 

 即ち外国人材を単に労働力として受入れるのではなく、日本社会に定着・統合する為に職業上、生活上、社会上の支援が求められております。ライフプランやキャリアパスを考えた教育や支援の枠組みも求められると思います。

又、制度導入に際しての受入れ態勢として管理態勢も整える必要があります。

受入れる日本人の側の「心のグローバル化」も求められることは言うまでもありません。

 

 これらを受入企業単独で遂行することはなかなか難しいので、共生社会の実現という目的を共有する企業・組織が連携する必要があります。

この連携を促し、協働するスキームの構築をする目的で設立されたのが一般社団法人セブングローバルリンケージです。

 この取り組みはSDGsの「すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する。」

「包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する。」「各国内及び各国間の不平等を是正する。」といった目標にも沿ったものといえます。

 今後、志を同じくする企業・組織と連携して多文化共生社会の実現に努めて参りたいと思いますので、

何卒ご理解とご支援をお願い致します。

                                        代表理事 永松 文彦